AGEと呼ばれる老化物質が危険
2018年5月10日10:50 AM

こんばんは。斉藤啓太です。

 
老化の原因といえば、”酸化”が有名ですが、
近年“AGE(終末糖化産物)”と呼ばれる
体内で生成される老化物質が危険視されています。

 
AGE(Advanced Glycation End Products)は
「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のことで、
強い毒性を持ち、老化を進めてしまう
原因物質とされています。

 
このAGEが血管の中に蓄積すると、
代謝が滞り、シワやシミのみならず、
動脈硬化、糖尿病、骨粗しょう症、
アルツハイマーなどになるリスクが
高まってしまいます。

 
さらに、腸内環境を腐敗させ、
慢性炎症反応が引き起こされる
元凶にもなるのです。

 
AGEは日常的に体内で少しずつ生成されていますが、
少しずつ溜まってきたものが
徐々に他の細胞機能にも影響を与えて

ある時期から体の老化や異常が急速に進みます

 
中年以降に病気が多発するのはこの為です。

 
歳をとると病気になりやすいのは、
急に病気になるのではなく、
見えないところで進行してるからで
若い時は元気!なのではなく
小さい変化に気づいてないだけなのです。

 

 

AGEは日常的に体内で
少しずつ生成されていますが、
余計なAGEを蓄積させないための
方法があります。

 
主食では、パン、パスタ、コーンフレーク、
パンケーキなどに多くのAGEが含まれています。
これに対して、ごはんは
トーストしたパンの3分の1のAGE量です。

 
また、AGEの生成は加熱によって促されるので、
生で食べるのと、短時間で高温調理したものでは
AGEの量が桁違いに変わってきます。

 
特に注意したいのは、
唐揚げ、ハンバーガー、ステーキ、清涼飲料水など
若い男性が特に好んで食べるもの。
外食をする際には気をつけたほうが
いいかもしれません。

 
伝統的な和食では、高温調理するものは
そんなに多くないのでオススメです。

 
生の状態の刺身やおしんこ、
酢の物などはAGE量が最も少なく、
茹でる・煮るという調理法は
AGE量を効果的に抑えるのに有効です。

 
和食を食べるときはおひたしを、
洋食ならサラダを食事の起点にしましょう。

 
野菜から先に食べることで、血糖値を上昇させにくくさせ、
AGEが溜まりにくくなります。

 
過度の早食いもAGEを増加させる原因となります。
大量の糖質が胃から腸へ一気に届くことで、
糖とタンパク質が反応しやすくなり、
AGEを生成させやすくしてしまうためです。

 
ついつい飲んでしまう炭酸飲料や、
ガムなどのお菓子の甘味づけに使われる人工甘味料は、
ブドウ糖の10倍の速さでAGEをつくるため、
食べ過ぎ、飲み過ぎには注意しましょう。

 
成分表示を確認し「果糖ブドウ糖液糖」「果糖液糖」「異性化糖」
などと書かれている場合は注意が必要です。

 
病気になってからでは遅いですからね。

 

 

PS

大阪でどうしても行きたかった
「寿司 おおはた」
へ行って来ました。

 
白酢、赤酢、
その2つを混ぜたロゼの酢飯を
ネタに合わせて握ってくれます。

 
大阪で美味しい寿司屋を探している方、
かなりオススメです。

 

 

ぜひ行ってみてください。

 
北新地にあります。
かなり美味しいです!

カテゴリー: 学長コラム
タグ:
AGEと呼ばれる老化物質が危険
2018年5月10日10:50 AM

こんばんは。斉藤啓太です。

 
老化の原因といえば、”酸化”が有名ですが、
近年“AGE(終末糖化産物)”と呼ばれる
体内で生成される老化物質が危険視されています。

 
AGE(Advanced Glycation End Products)は
「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のことで、
強い毒性を持ち、老化を進めてしまう
原因物質とされています。

 
このAGEが血管の中に蓄積すると、
代謝が滞り、シワやシミのみならず、
動脈硬化、糖尿病、骨粗しょう症、
アルツハイマーなどになるリスクが
高まってしまいます。

 
さらに、腸内環境を腐敗させ、
慢性炎症反応が引き起こされる
元凶にもなるのです。

 
AGEは日常的に体内で少しずつ生成されていますが、
少しずつ溜まってきたものが
徐々に他の細胞機能にも影響を与えて

ある時期から体の老化や異常が急速に進みます

 
中年以降に病気が多発するのはこの為です。

 
歳をとると病気になりやすいのは、
急に病気になるのではなく、
見えないところで進行してるからで
若い時は元気!なのではなく
小さい変化に気づいてないだけなのです。

 

 

AGEは日常的に体内で
少しずつ生成されていますが、
余計なAGEを蓄積させないための
方法があります。

 
主食では、パン、パスタ、コーンフレーク、
パンケーキなどに多くのAGEが含まれています。
これに対して、ごはんは
トーストしたパンの3分の1のAGE量です。

 
また、AGEの生成は加熱によって促されるので、
生で食べるのと、短時間で高温調理したものでは
AGEの量が桁違いに変わってきます。

 
特に注意したいのは、
唐揚げ、ハンバーガー、ステーキ、清涼飲料水など
若い男性が特に好んで食べるもの。
外食をする際には気をつけたほうが
いいかもしれません。

 
伝統的な和食では、高温調理するものは
そんなに多くないのでオススメです。

 
生の状態の刺身やおしんこ、
酢の物などはAGE量が最も少なく、
茹でる・煮るという調理法は
AGE量を効果的に抑えるのに有効です。

 
和食を食べるときはおひたしを、
洋食ならサラダを食事の起点にしましょう。

 
野菜から先に食べることで、血糖値を上昇させにくくさせ、
AGEが溜まりにくくなります。

 
過度の早食いもAGEを増加させる原因となります。
大量の糖質が胃から腸へ一気に届くことで、
糖とタンパク質が反応しやすくなり、
AGEを生成させやすくしてしまうためです。

 
ついつい飲んでしまう炭酸飲料や、
ガムなどのお菓子の甘味づけに使われる人工甘味料は、
ブドウ糖の10倍の速さでAGEをつくるため、
食べ過ぎ、飲み過ぎには注意しましょう。

 
成分表示を確認し「果糖ブドウ糖液糖」「果糖液糖」「異性化糖」
などと書かれている場合は注意が必要です。

 
病気になってからでは遅いですからね。

 

 

PS

大阪でどうしても行きたかった
「寿司 おおはた」
へ行って来ました。

 
白酢、赤酢、
その2つを混ぜたロゼの酢飯を
ネタに合わせて握ってくれます。

 
大阪で美味しい寿司屋を探している方、
かなりオススメです。

 

 

ぜひ行ってみてください。

 
北新地にあります。
かなり美味しいです!

カテゴリー: 学長コラム
せどりの学校ドットコムの体験授業を
ご検討中の方へ
無料相談・各種お問い合わせはこちら
無料相談・各種お問い合わせはこちら
※お問い合せフォーム入力後1営業日以内に当社スタッフがご返信致します。
せどりの学校ドットコム
〒 261-0023
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3
幕張テクノガーデンCB棟3階 MBP
TEL : 0120-060-430
tel:0120060430
Copyright せどりの学校ドットコム All Rights Reserved.