【タピオカブームから考える アンテナを貼ることの重要性】
2019年8月1日4:17 PM


こんばんは。斉藤です。


タピオカ、ブームですね。
もうどこ行ってもタピオカミルクティー売ってます。
もう世の中タピオカまみれです笑


そもそもタピオカって何か知っていますか?
タピオカの原料は「キャッサバ」という
イモの一種だそうです。


そう、もとはお芋なので
でんぷん質ですね。要は炭水化物です。
ミスタードーナツのポン・デ・リングの
食感を生み出すためにも使っているそうです。


日々筋トレに励む私にとっては
「炭水化物=毒」というイメージがあり笑
タピオカもポン・デ・リングも好きですが
どうしても躊躇してしまいますね。


ただビジネス的には食いつかず
にはいられませんでした。


だいたい1杯600円前後のタピオカドリンクが
業務用タピオカなら1杯(30グラム)約40円前後、、
紅茶や牛乳を加えても100円程度の原価だそうです。


仕込みに関しても
タピオカを茹でてミルクティーに入れるだけです。
また一般的なブラックタピオカは
業務用スーパーやネット通販で入手可能なので、
飲食業の経験がなくても簡単に作って販売することができます。


こういったお話をすると
今の盛り上がりをビジネスチャンスと捉え
「脱サラしてタピオカドリンク店開業して大儲けだ!」
なんて考える方もいると思います。


ブームに乗るという感覚は決して間違ってはいません。
ただ、ブームというものは
テレビや雑誌、ネット記事に取り上げられ、
世間に知れ渡った時点でピークを迎えているものです。


実際、繁華街とか歩いていても
以前より行列が減っているのがわかるはずです。


先駆者であるチェーン店は
そのような流れをしっかりと抑えていて
恐らく今はファンドに売るか、
撤退の準備まで考えていると思います。


ブームになると見たら一気に出店し、
1~2年で儲けて撤退する。
チェーン店はそういう戦略で仕掛けてくるのが常です。


もちろん、タピオカドリンクも
ある程度の市民権を得ているので、
全く消えるということはないと思いますが
実際に繁盛期である夏を過ぎた今年の秋以降には
タピオカショップの淘汰が
始まるのではないかなと思います。


さて今からこのタピオカブームで儲けるには
これも少し遅いかもしれないですが
実際に時間や初期費用のかかる
ショップ運営するのではなく
やはり転売がいいのではないでしょうか?
ポジショントークではないですよ笑


時間や初期費用のかかる
ピークを迎えたと予測する
タピオカショップを今からオープンさせるのは
リスクは大きいと思います。


それならまずは
タピオカ関連商品を転売した方が
リスクは少ないです。


こういった旬の商品は
需要(欲しい人)と供給(商品の数)のバランスが
崩れていることが多いので
そこに目をつけるとビジネスにしやすいです。
(欲しい人が多く商品が足りない状態)


現にメルカリとAmazonでも価格差が出ています。


メルカリ
http://bit.ly/2Yxxigf

Amazon
https://amzn.to/2YuXaJO



安いところで買って高いところで売れば利益が出ます。
このケースならメルカリで買って
Amazonで販売すれば利益が出そうですね。


まずは国内間で小規模にテスト販売してみて
どの程度ニーズがあるか確認します。


いけると判断すれば
国内の業者から大量に仕入れたり
もっと原価の安い海外からの輸入も検討すると思います。


もちろんピークが落ち着くこと、
繁盛期である夏が過ぎることを想定して
ロット(仕入れる数)調整は必要だと思いますが


タピオカショップをオープンさせるリスクに比べたら
商品の仕入れ代金なんてリスクはかなり少ないかと思います。


もっと早い段階だったら
タピオカショップオープンして
タピオカショップで稼いで
そのノウハウや食材等を開業に興味のある人たちに
提供するというのは1粒で2度美味しいパターンです。


今「タピオカショップで稼ぎましょう!」
なんてビジネスセミナーしたら
開業に興味ある人集まりそうですからね。


本日はタピオカという商品について
お話ししましたが
日々アンテナを張っておき
世の中の流れを感じておくことは
ビジネスでは必須かと思います。


「タピオカ流行ってるな・・」
と思っていた方は多いかもしれないですが
「ならタピオカで何かビジネスにならないかな・・」
というようにもう一歩踏み込んで
「ビジネス」というアンテナで
捉えることでビジネスチャンスに広がります。


物販も
「世の中のニーズをつかむ」
ということは非常に重要で
ニーズのないものはどんなに安くても売れません。
逆にニーズのあるものは高くても売れます。


欲しくないものは
どんなに安くても欲しくないですし
逆にどうしても欲しいものは
高くても買ってしまったりします。


どんなに小さい額でも
お金を得るというのはビジネスです。
なので日々アンテナを張っておくということは
意識していってほしいと思います。



PS

先日
ミシュラン三ツ星を取り続ける
フレンチレストラン「カンテサンス」
に行ってきました。


カンテサンス
https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131405/13159567/


ミシュラン三つ星の味というのは
私にはまだはっきりとはわからなかったですが笑
店内の接客やサービス等含め
一度は訪れる価値はあると思います。


個室でないと
料理の写真は撮れないので
店の看板の写真を撮ったつもりが
撮れていませんでした悲
なので写真は拾い画です。
すみません。


今後、グルメ系など
プライベート写真はInstagramで更新していきますので
フォローしていただけると嬉しいです!
→ https://www.instagram.com/keita_saito_/
カテゴリー: 学長コラム
タグ:
【タピオカブームから考える アンテナを貼ることの重要性】
2019年8月1日4:17 PM


こんばんは。斉藤です。


タピオカ、ブームですね。
もうどこ行ってもタピオカミルクティー売ってます。
もう世の中タピオカまみれです笑


そもそもタピオカって何か知っていますか?
タピオカの原料は「キャッサバ」という
イモの一種だそうです。


そう、もとはお芋なので
でんぷん質ですね。要は炭水化物です。
ミスタードーナツのポン・デ・リングの
食感を生み出すためにも使っているそうです。


日々筋トレに励む私にとっては
「炭水化物=毒」というイメージがあり笑
タピオカもポン・デ・リングも好きですが
どうしても躊躇してしまいますね。


ただビジネス的には食いつかず
にはいられませんでした。


だいたい1杯600円前後のタピオカドリンクが
業務用タピオカなら1杯(30グラム)約40円前後、、
紅茶や牛乳を加えても100円程度の原価だそうです。


仕込みに関しても
タピオカを茹でてミルクティーに入れるだけです。
また一般的なブラックタピオカは
業務用スーパーやネット通販で入手可能なので、
飲食業の経験がなくても簡単に作って販売することができます。


こういったお話をすると
今の盛り上がりをビジネスチャンスと捉え
「脱サラしてタピオカドリンク店開業して大儲けだ!」
なんて考える方もいると思います。


ブームに乗るという感覚は決して間違ってはいません。
ただ、ブームというものは
テレビや雑誌、ネット記事に取り上げられ、
世間に知れ渡った時点でピークを迎えているものです。


実際、繁華街とか歩いていても
以前より行列が減っているのがわかるはずです。


先駆者であるチェーン店は
そのような流れをしっかりと抑えていて
恐らく今はファンドに売るか、
撤退の準備まで考えていると思います。


ブームになると見たら一気に出店し、
1~2年で儲けて撤退する。
チェーン店はそういう戦略で仕掛けてくるのが常です。


もちろん、タピオカドリンクも
ある程度の市民権を得ているので、
全く消えるということはないと思いますが
実際に繁盛期である夏を過ぎた今年の秋以降には
タピオカショップの淘汰が
始まるのではないかなと思います。


さて今からこのタピオカブームで儲けるには
これも少し遅いかもしれないですが
実際に時間や初期費用のかかる
ショップ運営するのではなく
やはり転売がいいのではないでしょうか?
ポジショントークではないですよ笑


時間や初期費用のかかる
ピークを迎えたと予測する
タピオカショップを今からオープンさせるのは
リスクは大きいと思います。


それならまずは
タピオカ関連商品を転売した方が
リスクは少ないです。


こういった旬の商品は
需要(欲しい人)と供給(商品の数)のバランスが
崩れていることが多いので
そこに目をつけるとビジネスにしやすいです。
(欲しい人が多く商品が足りない状態)


現にメルカリとAmazonでも価格差が出ています。


メルカリ
http://bit.ly/2Yxxigf

Amazon
https://amzn.to/2YuXaJO



安いところで買って高いところで売れば利益が出ます。
このケースならメルカリで買って
Amazonで販売すれば利益が出そうですね。


まずは国内間で小規模にテスト販売してみて
どの程度ニーズがあるか確認します。


いけると判断すれば
国内の業者から大量に仕入れたり
もっと原価の安い海外からの輸入も検討すると思います。


もちろんピークが落ち着くこと、
繁盛期である夏が過ぎることを想定して
ロット(仕入れる数)調整は必要だと思いますが


タピオカショップをオープンさせるリスクに比べたら
商品の仕入れ代金なんてリスクはかなり少ないかと思います。


もっと早い段階だったら
タピオカショップオープンして
タピオカショップで稼いで
そのノウハウや食材等を開業に興味のある人たちに
提供するというのは1粒で2度美味しいパターンです。


今「タピオカショップで稼ぎましょう!」
なんてビジネスセミナーしたら
開業に興味ある人集まりそうですからね。


本日はタピオカという商品について
お話ししましたが
日々アンテナを張っておき
世の中の流れを感じておくことは
ビジネスでは必須かと思います。


「タピオカ流行ってるな・・」
と思っていた方は多いかもしれないですが
「ならタピオカで何かビジネスにならないかな・・」
というようにもう一歩踏み込んで
「ビジネス」というアンテナで
捉えることでビジネスチャンスに広がります。


物販も
「世の中のニーズをつかむ」
ということは非常に重要で
ニーズのないものはどんなに安くても売れません。
逆にニーズのあるものは高くても売れます。


欲しくないものは
どんなに安くても欲しくないですし
逆にどうしても欲しいものは
高くても買ってしまったりします。


どんなに小さい額でも
お金を得るというのはビジネスです。
なので日々アンテナを張っておくということは
意識していってほしいと思います。



PS

先日
ミシュラン三ツ星を取り続ける
フレンチレストラン「カンテサンス」
に行ってきました。


カンテサンス
https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131405/13159567/


ミシュラン三つ星の味というのは
私にはまだはっきりとはわからなかったですが笑
店内の接客やサービス等含め
一度は訪れる価値はあると思います。


個室でないと
料理の写真は撮れないので
店の看板の写真を撮ったつもりが
撮れていませんでした悲
なので写真は拾い画です。
すみません。


今後、グルメ系など
プライベート写真はInstagramで更新していきますので
フォローしていただけると嬉しいです!
→ https://www.instagram.com/keita_saito_/
カテゴリー: 学長コラム
せどりの学校ドットコムの体験授業を
ご検討中の方へ
無料相談・各種お問い合わせはこちら
無料相談・各種お問い合わせはこちら
※お問い合せフォーム入力後1営業日以内に当社スタッフがご返信致します。
せどりの学校ドットコム
〒 261-0023
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3
幕張テクノガーデンCB棟3階 MBP
TEL : 0120-060-430
tel:0120060430
Copyright せどりの学校ドットコム All Rights Reserved.